お知らせ

「地域住文化加算」についてのお知らせ - 2022/05/24

◆地域住文化加算の適応地域について
 地域住文化要素基準の一覧は、各地方公共団体で策定され、
 5/31までに国交省に報告された地域が対象となります。
 (6月初めには対象地域が確定します)
 
 ▼地域型住宅グリーン化事業における地域公共団体が定める地域住文化要素基準の一覧
  http://chiiki-grn.jp/home/application/tabid/287/index.php 
 
 ※掲載のない地域は、加算の対象とはなりません。
 
 
◆地域住文化加算の共通ルールについて 
 共通ルール 様式2-1(別添)は、グループ採択後に設定していただきます。
 
 
◆地域住文化加算を希望するグループは、希望戸数(加算種別)の欄に入力のうえ応募申請ください。
 
 

令和4年度地域型住宅グリーン化事業

 本事業は、地域の木材関連事業者、建材流通事業者、中小住宅生産者等が連携体制(グループ)を構築し、グループ毎の住宅生産システムの共通ルールに基づき、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅の整備及びこれと併せて行う三世代同居への対応等に対して支援を行うことにより
(1)グループによる住宅生産者へのサポート・育成等の取組を通じた、地域における木造住宅生産体制
    の強化及び、省エネルギー性能や耐久性、耐震性*等に優れた木造住宅の供給拡大
(2)関連産業の多い、地域の木造住宅市場の振興による地域経済の活性化
(3)地域の住文化の継承及び街並みの整備
(4)地域の林業・木材関連事業者と住宅生産関連事業者との連携構築を通じた、木材需要の拡大
(5)住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上
(6)若者・子育て世帯の支援や、三世代同居など複数世帯の同居がしやすい環境づくり 等
を目指すものです。
これらの観点から、本事業では、上記連携体制による、グループ毎に定められた共通ルールに基づく木造住宅の整備を行うグループを公募によって募り、その取組が良好なものについて国土交通省が採択し、採択されたグループに所属する中小住宅生産者が当該取組内容に基づく木造住宅の建設を行う場合、その費用の一部を予算の範囲内において補助するものです。

*詳細は、地域型住宅グリーン化事業グループ募集要領【令和4年度】を確認ください。

地域型住宅グリーン化事業評価事務局

当評価事務局は、本事業を支援するために設けられた組織です。
当評価事務局は、本ホームページを通じて、本事業に関する情報を提供させていただきます。

〒107-0052 東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル5F
  一般社団法人 木を活かす建築推進協議会内
  地域型住宅グリーン化事業評価事務局
   ☎ 03-3560-2886 (平日11:00~12:00、13:00~16:00)
  ※当面の間、テレワーク等によりメール対応とさせていただきます。
   お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。

   


  

▼  交付申請・実績報告および補助金お支払いに関するお問い合わせは、
  
各支援室までお願い致します 

  🏠 長寿命型等支援室
   ●長寿命型(長期優良住宅)
   ☎ 03-5229-7561
     HP)http://www.chiiki-grn-chojyu.jp/index.html
 
 🏠 高度省エネ型支援室
   ●高度省エネ型(認定低炭素住宅)

   ●ゼロ・エネルギー住宅
   ☎ 03-5579-8250
     HP)http://kkj.or.jp/chiiki-grn-koudo/index.html

   ▼お問い合わせは原則メールでお願いします。
    https://kkj.or.jp/chiiki-grn-koudo/form


 👉各種お手続きに関するお問い合わせは窓口一覧はコチラ

▲ページトップに戻る