長寿命型(長期優良住宅)

1.補助の対象となる木造住宅

長寿命型(長期優良住宅)において対象となる木造住宅については、長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日法律第87号)に基づき、所管行政庁による認定を受けたものとします。

2.補助金の額

① 補助金額
地域型住宅グリーン化事業募集要領(平成31年度版)「3-3補助対象となる経費について」(1)の1/10以内の額で、かつ住宅1戸当たり110万円を上限とします。
ただし、補助を受ける施工事業者が平成27~30年度の4年間の地域型住宅グリーン化事業において長期優良住宅の補助金を活用した実績が合計4戸(8戸※1)以上の場合は、1戸あたり100万円を上限とします。
※1 東日本大震災の特定被災区域、平成28年熊本地震の被災地、平成30年7月豪雨の被災地、または平成30年北海道胆振東部地震の被災地に存する施工事業者の場合。
 
② 木造住宅への地域材利用
主要構造材(柱・梁・桁・土台)の過半において、募集要領「3.5 本事業における「地域材」の考え方」に示す「地域材」を使用する場合は、予算の範囲内で補助金額を加算します(以下、「地域材加算」という。)。加算する補助金額は、上限20万円とします。ただし、Ⅱ期の地域材加算は、長寿命型で施工事業者1社あたり1戸を上限とします。
 
③ 三世代同居への対応
補助対象の住宅が三世代同居対応住宅の要件を満たす場合は、予算の範囲内で補助金額を加算します(以下、「三世代同居加算」という。)。加算する補助金額は、上限30万円とします。
 
※ 補助対象となる経費、本事業における地域材の考え方等の詳細については、「平成31年度 地域型住宅グリーン化事業 グループ募集要領」を参照ください。

 


▲ページトップに戻る